本文へスキップ

大阪 カウンセリング 登録商標山手心理相談室 うつ アダルトチルドレン 神戸/京都/兵庫/奈良

サラリーマンのカウンセリングHEADLINE

過酷な環境

昔から言われていたサラリーマンの苦労は、いわゆる
「課長さんの板ばさみ」という程度で、一般的には気
楽な稼業と言われていました。しかし、今では会社の
将来に不安を持つ人が30%もいるという状況になっ
てきました。

   


さらに、リストラや仕事の多様化・人材構成の変化な
ど、退潮期にある日本の世相を反映しているといえま
す。

実際、日本特有の難しさもあります。海外では、能力
がある人材は転職することで給与が上がるということ
も多く、会社がだめならさっさと鞍替えするというの
が基本路線となります。 

もちろん、そう簡単に転職できないケースも多いよう
ですが、通常は突然倒産するということは少なく、徐
々にそういう状態になっていくものですから、十分な
熟慮期間があるはずです。それをうまく考えることが
できないのが日本人社会の困った点でしょう。

サラリーマンにとって、仕事帰りの1杯はかかせませ
ん。仕事中のストレス解消とともに同僚や上司との情
報収集の場でもあります。

そのようなストレス解消の場も、成果主義の進展によ
りいつ部下が上司になるかもしれないという状況下で
はゆっくり話すことさえできません。

このようなサラリーマン特有のストレスは、カウンセ
ラーによっては全く理解できない方もおられます。

もし、そのような方に対応された場合は、遠慮なく山
手心理にご相談ください。社会人経験豊富+笑いを理
解できるカウンセラーが対応させていただきます。

会社帰りにも気軽にお越しいただける立地ですので、
お気軽に連絡してください。
文章を入力してください。
文章を入力してください。
文章を入力してください。