本文へスキップ

大阪 カウンセリング 登録商標山手心理相談室 うつ アダルトチルドレン 神戸/京都/兵庫/奈良

夫婦カウンセリングHEADLINE

夫婦・家族とカウンセリング

夫婦カウンセリングは、夫婦や家族を対象とした心
 理療法をこう呼んでいるだけで、はっきりした定義は
 まだ定まっていない状態です。


 夫婦カウンセリング 大阪  夫婦カウンセリング 大阪  夫婦カウンセリング 大阪


という状況なので、いったいどのようなことをするのか
という点はカウンセリングルームによってまったく違う
ことがよくあります。

★夫婦再構築(夫婦関係改善)を中心とするカウ
 ンセラー

★「別れさせ屋」とでもいうべき離婚を目的とした
 離活カウンセラー

★DV(モラハラ・家庭内暴力)から家族を脱出さ
 せる専門家


など、目的を絞った(特化した)相談室も多くなってい
ます。結婚式場や結婚相談所など他業態からの参入
者も多いです。

心理療法でいう「家族療法」とは、家族を「ひとつのシ
ステム」
としてとらえます。家族ひとりひとりは、家族
というシステムの成員(メンバー)になります。

たとえば、家族のひとりが「うつ病」などの心の病気に
かかった場合、家族全体を改善の対象としてとらえま
。ひとりに治療を行っているときにも、家族全員に対
する治療を念頭におきます。

家族療法以外の心理療法では、問題の原因でありあ
るいは解決すべき問題点はクライエントの心の中にあ
ると考えていまますが、家族療法では「家族システム」
の問題
としてとらえます。

つまり、「家族システム」のなんらかの問題点が、メン
バーのひとりの症状として発現する、と考えるわけで
すね。


しかし、この説明では今一つ意味が分かりにくいと
思いませんか。山手心理では、誰にでもわかりやす
い説明をさせていただきます。

仲の悪い、あるいは別居している家族を集めて仲良く
するように説得するのが夫婦カウンセリングではあり
ません。
ですから、夫婦カウンセリングや家族療法を行うには
家族全員の同意・あるいは協力が必要です。

(基本的に成人および2−3歳程度までのお子様が対
象です。思春期のご家族様のご同席は対象外になり
ます)

山手心理の夫婦カウンセリングや家族療法は、ご家
族各自に対するカウンセリングと認知療法を軸にして、
家族全体の経済や家計など全体にわたって関係を見
直すものです。誰が悪い、などと判定することはしま
せん。

臨床心理系カウンセラーは一般的に家族療法が不得
手な方が多いです。「はい、座ってじっくりお話ししてく
ださい」といわれて話が進むのなら苦労しません。
(家庭裁判所の夫婦円満調停でも個別に話を聞いて
くれます)

家族関係(特に夫婦関係)は無理に仲良くすることは
難しく、それぞれの考え方(ベクトル)の方向性が一致
することが大切です。

つまり、「関係を見直す」=離婚や別居という場合もあ
るということです。

また、ご家族の誰かがメンタルに問題をかかえている
という必要はありません。「家族仲が悪い」「夫が浮気
や不倫を」という場合でも遠慮なくご相談ください。
アダ
ルトチルドレンの悩み解消という副次的な効果が出た
ケースもあります。

一般のカウンセリングルームのHPで夫婦問題の原因として挙げられるのが

☆配偶者の不倫や浮気などによるもの
☆夫婦間のコミュニケーション不足によるもの
☆嫁姑問題・親戚関連
☆子供の育て方や教育方針の違い
☆共働き家庭などでの収入格差

などが、夫婦関係悪化の原因だとして紹介されて
いますが、ご夫妻の関係が悪化する原因のほと
んどです。
ところが、現実問題としてはそれら以上に大きな
問題が発生しています。

★配偶者のアダルトチルドレンやうつなどこころの問題

★配偶者の境界性パーソナリティ障害など性格を超えた問題(*)

★配偶者のアスペルガー症候群など発達障害の問題


これらは、ご夫婦・ご家族の問題を根幹から揺り
動かすものでありながら、対応できるカウンセラー
があまり(ほとんど)いない状態でした。そのため、
根本にこれらの問題があるにもかかわらず無理
な復縁や仲直りが優先とされてきたのです。

人生は約80年続きます。その間の生活を表面化
している問題だけでとらえてしまっては、決断後の
人生に大きな禍根が残ることになります。

山手心理では、アスペルガーや自閉スペクトラム
症を数多く対応してきた経験を活かして、一般の
カウンセリングルームに比べ総合的な観点で問
題解決を図ります。目に見える課題だけでなく、
今後の生活のクオリティアップを考えましょう。


パーソナリティ障害については原則として医療
の範疇になります。カウンセリングだけで改善する
こと は非常に困難な症状ですので、当所では対
応できません。何卒ご了解をお願いします。