本文へスキップ

新しい視点で○○○を活動する Yamate counsering Osaka

カサンドラ症候群HEADLINE

ご家族のお悩み

カサンドラ症候群とは、正式な病気の名前では
なく、アスペルガー症候群のパートナー等と感情
的な会話ができない
ためにうまく家族としてやって
いけない(相互関係が築けない)ために相手方に
生じる身体的あるいは精神的症状を表すものとさ
れています。

   

(一般的にはアスペルガー限定のように使われて
いますが、このサイトではアスペルガーに似た症状
 ということで使用していきます)

アスペルガー症候群等のパートナーを持つ方は、
相手とのコミュニケーション(特に感情的な)をう
まくとることが困難で、夫婦生活に自信が持てず、
また世間的にはまだまだアスペルガーや発達障
害の方に関する理解が低いために、両親などに話
したとしても「あなたがうまく気配りすれば」などと
いわれてしまいます。

どれほど苦しんでいるかさえわかってもらえない
ことで、自信を失い精神・身体的バランスを崩して
いきます。

世間的には問題なく見える程度のアスペルガーは
外から見ると「いい人・温厚な人」に見えますから、
不満を口にしても、人々から信じてもらえない場合
が多くなります。特にパートナーが高学歴・高収入
だったりするとなおさらです。

<症状>

偏頭痛・体重の増加または減少、自己評価の低下、
パニック障害、抑うつ、無気力など。
イライラ感が高まりすぎてDVやパーソナリティ
障害のような症状が出る場合もあります。また、
浮気や不倫の原因にもなります。


山手心理相談室にはカサンドラ症候群の方が
多くお見えです。親戚さえわかってくれないと
お悩みの方は、ぜひ一度お越しください。

また、対象はご家族がアスペルガーという方だ
けでなく、境界性パーソナチティ障害などさまざ
まな問題を抱えるご家族の方のお悩みに対応
しています。