本文へスキップ

大阪 カウンセリング 登録商標山手心理相談室 うつ アダルトチルドレン 神戸/京都/兵庫/奈良

アスペルガー症候群HEADLINE

分かりにくい症状

残念ですが、現時点ではアスペルガー症候群の治療
方法は解明されていません。ということは、投薬などによ
って改善するわけにはいかないということになります。投
薬治療としては、症状のうちイライラ感が強い・夜よく眠
れないという二次的なものに対して精神安定剤や睡眠
薬が処方されています。

   


実際のアスペルガー症候群は「脳機能の偏り」を原因
とする先天性の症状ですから、治療という方法がとりにく
いことは理解いただきやすいと思います。

通常「考え方」に正しい・間違っているということは少なく、
あくまで「少し変わった」という状態だからです。考え方を
手術で変えることができるようになれば、時の権力者の
思うままの構造が出現しかねません。

しかし、アスペルガー症候群の場合は、「絶対こうなって
いる」というパターンも少なく、(ひとりひとり大きく違うのも
特徴です)アスペルガーだからこの方法で治療するとい
うわけにもいきません。


現在、子供のアスペルガーに行われているのが「脳ト
レーニング」による治療です。発達障害をかかえている子
供に対しては、聴覚より視覚に訴える方法が有効だそう
です。

子供のアスペルガーに関しては各地に設立されている

発達障害者支援センター

においてある程度対応ていただけます。大阪ならアクト
大阪
がなどがあります。混雑しているとはいえ、まだ行く
ところはあるのですが、それが成人ということになるとな
かなか対応先が見つかりません。精神科などでも対応
できるところはありますが、 『抑制治療』つまり『対処療
法』にすきないため、社会生活を楽にすることはできま
せん。

山手心理では、アスペルガーについてのお問い合わせ
・改善のご要望がとても多く開設(平成19年)以来、さま
ざまな改善法を行ってきました。現在では、脳トレーニン
グによる前頭葉の活性化を含め効果が高い手法を用い
ています。子供なら「お手玉」「けん玉」「フラッシュカード」
「トランプ」なども有効な方法ですが、成人の方にとって
は時間的余裕という点から採用しにくいケースがほとん
どです。


 ー少しでも楽になっていただくためにもっと有効な方法はないのか−

その有効な方法を見極めるために、山手心理は日夜研
究に励んでいます。


(ご来室の方にはアスペルガーという言葉を使用せず、わかりやすい説明をさせていただいています)


採用している方法が成人向きですので、20歳以上に限
定させていただいています。

 (診断書発行や健康保険適用もできません)

これらの点をご理解いただける方はぜひ一緒に改善に
取り組みましょう!

興味をお持ちの方はこちらもよろしければ。