本文へスキップ

大阪 カウンセリング 登録商標山手心理相談室 うつ アダルトチルドレン 神戸/京都/兵庫/奈良

あがり症HEADLINE

「あがる」ということ

あがり症についてご存知でしょうか。あがり症とは、大
まかに説明すると、人前で話すなど人前に立つときに
あがってしまう(アタマが真っ白になる)症状のことを指
します。

   

人前に立つと赤面してしまう、というのが赤面恐怖症
ですが、この症状があらわれる「あがり症」の人も多
く見られます。

あがり症は、一説によると外国よりも日本人に多く見ら
れる症状だといわれています。しかも、
日本においてこのあがり症になってしまう人は増加し
ているのだとか。これもよくある統計のマジックだとは
思いますが、コミュニケーションが苦手という点が拍
車をかけているのでしょう。

人前に出るとガチガチに緊張してしまう、あがってアタ
マが回らなくなるという経験は誰にでもあります。社会
に出ると人前でしゃべったりプレゼンしたりする機会は
結構多いものです。 そういう時にあがってしまうという
ことは、むしろ当たり前のことなのです。


では、他の人たちはなぜそのようなことなく対応できる
のでしょうか。 それは、そのこと自体をあまり気にして
いないからだというのが正しいと思います。あがり症に
なってしまう人は「自分は今上手にできていない!恥
ずかしい!」と 過剰に思ってしまい、脳が「緊張しな
さい」という指令を送っているということでもあります。

カウンセリングとトレーニングによって、あがり症を含
めた緊張の原因を改善することが必要になります。

原因として不安症やADHDなどさまざまな問題が発生
することもありますが、その原因を除去することによっ
て、他の症状や日常生活の質的向上を図りましょう。